ムシ岩日記!!

昆虫採集メインの たまに岩登日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再ふたたび

7月 19、20日


初日


またまた北関東へ行ってしまった。

北関東中毒の僕にムシ友Bbさんが付き合ってくれた。


さすがに3週間連続で来てみると、ムシも変わるし植物も変わる。一ヶ所の場所に連続して行くのも
色々な季節の変化に気付くので面白い。

先週まで咲いていた、オニシモツケや、ヤグルマソウは終わっていて
ショウマが満開、ノリウツギが五分から八分咲きといったところ。
イケマも少し咲いていた。来週あたりは大型のハナカミキリが楽しめそうだ。


ピドニアはオオヒメ、チャイロが多数。ブービエ、オヤマ、ニセフタオビ、ミヤマも見かけるが少なかった。
シラネはイケマから少し得られた。
1507191.jpg
オオヒメハナカミキリ



午前中はミズナラ、ハリギリを見に行ってみた。
ナカネアメイロは、今回が一番個体数が多い。ハリギリのスイーピングで得られたが、幹にいる個体は見あたらなかった。
飛んでいる固体も採集できた。
最近目が良い。

クリイロシラホシ、ジュウニキボシは今回確認できなかった。
先週、たくさんいたマツシタトラも見あたらなかった。
午前中は曇りだったのでムシが少なく感じた。

1507192.jpg
ミズナラに産卵中のヨツスジハナカミキリ





午後は晴れた。
そして今回はようやくカツラの木の下でチャイロヒメコブハナカミキリを発見!

1507193.jpg
チャイロヒメコブハナカミキリ


あーーーーーっ。長かった。
このムシ、他の場所も色々探し回ったが、チャンスがなかなかなく今まで見つけることができなかった。
結局、有名ポイントでの採集となったが見つかって良かった。




それと、もう1つ因縁のムシが。。。
このムシも色々探しに行ったが縁がなかった。






そして、ようやく!






採り逃がした!


見つけた瞬間嬉しさのあまり、あせって手元が狂って落っこちてしまった。

ぎゃーーーーーー。
これほど落ち込んだのは久しぶり。



この後もずーっと木の下で待っていたが現れなかった。


そして初日終了。
あーー、夢に出そう。。







  1. 2015/07/22(水) 00:18:56|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふたたび

7月 12日

先週の天気とは大違い。気温も高くとにかく晴れてるのでまた同じ場所へ行ってしまった。

今回はムシ友のN守さんと一緒。


まずピドニア。
先週と同じ場所で観察を開始。
先週よりも、チャイロ、オオヒメ、オヤマの個体数が増した。そしてなにより動きが活発!
ニセフタオビは減ったきがする。
やはり気温が高く晴れていると、動きも早く動き回ったり花の周りを飛んだり交尾中の個体も多かった。


ミズナラとハリギリを見に峠越え。

早速ハリギリの木にナカネアメイロがいる。先週に比べると個体数も多い。
1507122.jpg

先週みられなかった、マツシタトラやクリイロシラホシはミズナラの大木で確認できた。
1507121.jpg
1507123.jpg

ハイギリの葉脈を後食するジュウニキボシは発見できなかった。

近くには、まだノイバラが咲いておりフタコブルリ、マツシタトラ、クロルリハナや、シラネ、オオヒメ等のピドニア各種が見れた。
一瞬、「あれっ!?」っと思って採集したカミキリがいた。
1507124.jpg

採った瞬間チャイロヒメコブと思っていたが、なんか????だったのでよーく見たら、全身茶色のキベリクロヒメハナの♀!
なんとなく首元の淵がほんのり赤いが他は全部茶色。これは初めてみるタイプなので嬉しい。
これが黒化型ってやつか!

本物のチャイロヒメコブを探しにいくが見当たらず。

午後はまた峠を越えてアラメ探し。

アラメも先週はまったくいなかったが、やはり晴れた日にはいた。立ち枯れた樹皮の剥けた所にポツりと。

1507126.jpg

1507125.jpg

そろそろノリウツギも咲きそうだし採れるカミキリも少しずつ変わってくるだろう。

今回は二人で全41種のカミキリを確認できた。



また、行っちゃおー。





  1. 2015/07/13(月) 17:28:56|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄カミキリツアー 

沖縄カミキリツアー

去年の「月刊むし」 見てから、どーしても沖縄に行きたい病になり、航空券予約サイトを何の迷いもなくポチッっとクリック。

そして来ちゃいました!沖縄ケーン!




5月 2日

夜の最終便で那覇空港に到着。そのまま、モノレールに乗ってネットカフェへ。
本当は、着いたらすぐに県北部に移動したかったが、レンタカーの時間が合わず那覇のネットカフェで一泊。




5月 3日

天気予報は曇りだったが所々晴れ間もありまさにムシトリ日和
レンタカーを借りていざ北部へ!!

1505042.jpg

前もって地図をながめポイントを決めていたのですんなり到着。
着いて直ぐに、プワーンと飛んでるカミキリを発見!

1505031.jpg

リュウキュウルリボシ


幸先良いではないか。



そして待つこと3時間。


あかん。。何も飛んで来ん。。


そのうち雨も降りだしてきた。

初日なので、とにかくポイントを色々みて回ろうと車で入れる林道をことごとく走破。
きっと同じ考えのムシ屋さんといっぱいすれ違う。


所々、良さげな場所を選んでスイーピング。ビーティング。



そして、、ついに!!!!


1505032.jpg



なんでかイリエシラホシ!

目を疑って何度も見たけどイリエシラホシ。


正直予想外。ナイスっ! ビギナーズラック!


その他はとくに何も採れず。。

明日のポイントを決め早々撤収
明日はムシ友ケンジ君も合流するしな!



あとは、寝床探してビールでも飲むべし。

1505033.jpg

そして夜中。。。。


蚊の集団リンチ。

ぜんぜん寝れん!!
暑いし痒いし最悪な一泊目だった。。




5月 4日

うーん。天気良し!
だが、風がつよーい。

目標カミキリには厳しい風の強さだ。

とりあえず10時ぐらいまでは色々スイーピング&ビーティング。

もちろんイリエシラホシのポイントにも行ったがそんなに甘くはなかった。

アカメガシワからは、リュウキュウアメイロや、リュウキュウヒメクロトラ、枯れた木やツルからオキナワハネナシチビのカミキリが少数採れたが、
その他は全く採れない。
ヤンバルの森はきびしー!!
1505034.jpg
リュウキュウアメイロカミキリ
1505035.jpg
オキナワハネナシチビカミキリ
1505041.jpg
オキナワスジイロカミキリ


強風の中、尾根沿いのポイントでネットを持って構えていたがやはり何も飛んで来なかった。

午後、ムシ友ケンジ君合流しポイント回ったり、スイーピング&ビーティング。
やっぱりこの時期のヤンバルはムシが少ないのか!
これといって何も採れずに終わる。

夜はケンジ君とライトトラップ。すごく久しぶりのライトトラップ。なつかしなー。昔はよく二人でオオクワガタとりに一晩中灯りたいてたなー。
ケンジ君特製のボックスライトも興味深かった。色々考えられてる。

風は強かったが、キイロミヤマ、トビイロ、キマダラミヤヤのカミキリ類が飛来。

1505044.jpg
トクノシマキマダラカミキリ



この日の夜は、気温も低く前日の寝不足+オリオンも500増やしたのでグッスリ寝れた。ムシ友ケンジ君はレンタカーがセダンタイプだったので寝れなかったみたい。


5月 5日

最終日!!


ばっちり晴れ!

そして朝から別の尾根沿いの吹き上げポイントへ。

よし! 飛んでこいっ!!!






てくてく
テクテク



1505051.jpg

ヤンバルクイナさん。


テクテク歩いてる。

見れてうれしい。




うーん。

駄目や!

日に焼けただけ!



何処にいるんだネキっ!!!!←(採りたいカミキリ)







プワーン
プワーン
プワーン
プワーン



バシュっ!








ハチっ!


ダメだ。出直してこよう。




気をとりなおして
移動して違う赤いカミキリ採りに行こー。



ポイントに到着し、スイーピング!!

おお!入った!!



1505052.jpg

ムモンチャイロホソバネカミキリ





赤いのは採れず。

そして時間切れ。





沖縄本島での採集は初めてだったので初めて採る種がほとんどだったので、目標こそ見ることすら出来なかったが、毎日朝からムシ採り網持ってムシを探してる時間が幸せでした。あーでも短い。もっといたい。


だが、あきらめん!

また来年も来ちゃお。

1505045.jpg


  1. 2015/05/03(日) 18:38:44|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のカミキリ パート2

9月 21日

翅が退化して飛べないカミキリムシの仲間、コブヤハズカミキリ。

前回のブログに登場したのは、タニグチコブヤハズとフジコブヤハズ。

今回登場するのはタニグチもフジの名前もつかない
ただのコブヤハズカミキリ。

新潟の糸魚川辺りから北日本の日本海側の県を中心に生息していて
他のコブヤハズの仲間と違い低山にも見られることがある。

私の住んでいる所の裏山でも採集することができる。

149211.jpg

写真中心部の枯れ葉をトトンっと叩いてあげると、ポロっとコブヤハズが落ちる。

149215.jpg

コブヤハズカミキリ


ちょちょっと行って採集できるので楽しい。

149213.jpg

  1. 2014/09/24(水) 22:34:15|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のカミキリ

9月 8日

オオトラシーズン真っ最中ではあるが、天気も悪く気温も低いのでコブヤハズカミキリの仲間を採集しに行って来ました。
天気は曇りでコブヤハズ採集にはもってこい!
今回は、まずタニグチコブヤハズのポイントへ。そして移動しフジコブヤハズのポイントへ。最後に両方採れるポイントの三ヶ所を回るハードスケジュール。
さらにはゴミムシ用のトラップを仕掛けるのでさらにハード。
果たして時間がたりるのか!?


長年愛用してきたビーティングネットがボロボロになってしまったたので新しく作ってもらった。
その新しくビーティングネットを作って頂いたBbさんと同行。

最初のポイントにつくと、どんより曇り。少し前まで雨も降っていたのだろうか?下草もビッチョリ濡れている。
カッパに長靴の完全防備で林内に突入。
後食するマルバタケフキなんかもシットリと枯れていてベストコンディション。
すぐさまBbさんの「落ちたー」の声が。
僕のビーティングネットにもすぐに落ちた。
DSC149081.jpg
DSC149082.jpg

黒紋くっきりの文句無しのタニグチコブヤハズ。
メスは大きくズングリムックリしてかわいい。オスはやや小ぶりが多かった。
二人で10程採集できたので満足満足。

最初のポイントがうまくいったので次に移動。
移動の途中、ゴミムシのトラップをBbさんの協力で設置。二人でやるとめっちゃ早い。
いくつか仕掛け小一時間移動。

次はフジコブ。
ここのフジコブもマルバタケフキで良く採れる。
ポイントについてすぐに採れた。
ここは個体数が多いのか一度に複数落ちることも。
DSC149086.jpg
DSC149085.jpg
DSC149084.jpg
DSC149083.jpg

こんな感じでフジコブもうまく採集できた。




またまた移動して、今度は両方採れる場所。
最初の所はフジコブだったが、少し離れるとタニグチコブヤハズになる。
去年までは、自分の採集データでフジとタニグチの混生地域は、半径300m,標高差100m位の範囲であったが、
今回の採集データと過去の採集データを合わせると、半径100m以内、標高差は0mのごく狭い範囲まで迫ることができた。うーん。自分で調べるとより面白い。
DSC149087.jpg
混生ポイント付近で採れたタニグチコブヤハズ





  1. 2014/09/09(火) 11:54:31|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

piropirohold

Author:piropirohold
昆虫採集&岩登

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カミキリ (49)
オサムシ (22)
ゴミムシ (61)
ハンミョウ (2)
ハネカクシ (1)
その他昆虫 (8)
climbing (10)
道具/機材類 (4)
祭/イベント (4)
その他 (11)
オサムシとゴミムシ (4)
ムシ&クライミング (1)
カミキリ&オサムシ (2)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。