ムシ岩日記!!

昆虫採集メインの たまに岩登日記です。

同定結果のはずが・・・。

先日採ってきたプテロの同定がだいたい終わった。

まずは、いつも採れる
ウエノオオナガゴミムシ
Pterostichus (Palalianoe) uenoi STRANEO,1955
ウエノ 全体

ゲニタリア
ウエノゲニ上ウエノ ゲニ 横

腹端
ウエノ 腹端

沢の最上部より、1♂2♀

フクベナガゴミムシ?
Pterostichus (Epinialoe) sugimurai MORITA,2007
ハラトゲ全体

ゲニタリア
ハラトゲ ゲニ上
ハラトゲ ゲニ横

腹端
ハラトゲ 腹端

前胸
ハラトゲ 前胸

このムシは、同定したといっておきながら、
確定してるかわかりません。
ただ、腹端の形状から、(Epinialoe) 亜属で、採集した場所を
考えると、このような結果になった。
インターネットで、検索しても画像がでてこなく
type標本の腹端、ゲニタリアの形状が解らないので
確定ができません。



不明プテロ
シワ胸 全体

ゲニタリア
シワ胸 ゲニ上
シワ胸 ゲニ横

腹端
シワ胸 腹端
前胸
シワ胸 前胸

これも、同定できなかった。
腹端の形状は、タナカナガゴミムシに似ているのだが
前胸のシワシワが気になる。
うーん。わからず。


ミヤマヒサゴゴミムシ
Broscosoma doenitzi (HAROLD)1881
KIMG0740-1.jpg
カッコいい!
このフォルム好き。


最後はコイツ
盲目
Trechinae チビゴミ亜科
だと思う。

この種類は大変難しいので、ゆっくり正確に
しらべよう。

てな感じで、同定とはいったものの
大半がわからなかった。


色々文献を集めてしらべなくては。
なんか欲しい物がたくさんでてきたな。




スポンサーサイト
  1. 2012/09/29(土) 01:06:54|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

久しぶりの採集

9月23日

雨じゃー!
仕事の都合で名古屋に来ていて1日休みがとれたのに
雨じゃー!!

しゃーない。
カッパ着て頑張ろー。

てなわけで、名古屋近辺の山にレッツゴー。

グングン標高を上げて1000m位まできたら晴れ間が見えた!
やった!
今日の山

ついでに良さそうな沢を発見!
ポイント

今日は1日この沢に決めた。

とにかく沢を下から攻める!
めぼしい石ころをひっくり返すいつものパターン。

何個目かの石ころをどけると、小さい茶色い虫が動く。
反射的に手を出してしまった。

ん!?
パッと見ただけだけどメクラチビゴミ。
初めてみた。小さくてかわいい。
同定が難しそうだ。

どんどん沢をつめていくと、プテロ類がちらほらとれだした。
たぶんハラトゲ


ウエノ


他にも、ミヤマヒサゴっぽいのも採れた。
Stomis みたいなやつ
良くわからん。

家に帰ってちゃんと調べなくては。


とにかく久々にムシトリを堪能した。

また、あしたから仕事がんばろー。

採集した虫は後日、同定してアップしまーす。
  1. 2012/09/23(日) 22:14:58|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルマン

こないだ採ってきたホソアカガネオサムシの
展足を夜な夜なしている。

採集している時は、大半のホソアカガネをリリースしたが、
いくつか持って帰ってきた。

毒瓶をあけ、トレーに移し♂と♀の仕分けをしてるときに、
エリトラが破損してるオサムシ発見した。
その時、気づいた。

フジアルマンやん!

ぎゃー!
いるとは知っていたが、まさかトラップに入っていたとは!
アルマンオサムシ
Pentacarabus harmandi fujisan ISHIKAWA,1972

真っ暗な中、まさか採れるとはおもわなかったので、
よく見もせず、ほとんどのオサムシをリリースしてた。

もっと良く見ておくべきだった。

反省。

  1. 2012/09/09(日) 10:34:48|
  2. オサムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同定結果

4日に採集したプテロの同定がだいたい終わった。



カタシナナガゴミムシ
Pterostichus (Nialoe) katashinensis HABU,1958
腹端
カタシナ フクタン
ゲニタリア
カタシナ ゲニ



ハネアカナガゴミムシ
Pterostichus (Nialoe) brunneipennis STRANEO,1955
腹端
ハラアカ フクタン
ゲニタリア
ハラアカ ゲニ



ミトウナガゴミムシ
Pterostichus (Nialoe) mitoyamanus TANAKA,1960
腹端
ミトウ フクタン
ゲニタリア
ミトウ ゲニ



ハラトゲナガゴミムシ富士亜種
Pterostichus (Epinialoe) spiculifer ikutanii TANAKA,1961
腹端
ハラトゲ フクタン2ゲニタリア
ハラトゲ ゲニ



♂は、四種類のプテロを採集することができた。


♂は採れなかったが、♀のミヤマナガゴミムシ富士亜種も採る事ができた。

全体的に♀の個体数の方が多く感じた。

ハラトゲナガゴミムシは、採集した半分がテネラルだった。


  1. 2012/09/07(金) 17:02:00|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホソアカガネオサムシ

4日のプテロ採集の時に、石をひっくり返すしたらでてきた。
ホソアカがね
Carabus vanvolxemi PUTZEYS,1875
ホソアカガネオサムシ

ちょっとテネラル気味でエリトラの色が薄い。
ホソアカがね2

トラップにも多数入った。
  1. 2012/09/06(木) 17:04:37|
  2. オサムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プテロ採集

9月4日


9月に入ってしまった。
最近、時間が経つのがやたら早い。

今回は最初から最後までプテロ採集。
カミキリ採集は無し!

とにかく石をひっくり返すぞ!

てなわけで、いつも通り仕事が終わって夜のドライブ。
雨がかなり降っていたので、家に帰ろうかと思ったが、
ムシトリモチベーションが高すぎなので、
強行突破。

だが、途中で力尽きてサービスエリアで爆睡。

朝は車の中が熱くてめが覚めた。
雨の心配はないよーだ。
9時。
完全に寝過ごした。

あわてて用意して、出発。
途中
富士山レンズ雲
晴れてて最高。
でもなんか、変な雲がかかってんな。

不安。

今回は、トラップもする予定なので、
環境の良さそうな場所をチェックしながら走る。

しばらく走りポイント到着。

昼間は、とにかく石をひっくり返す。
これがまたしんどい作業だが、
最近、自動化してきたので2時間位は
休まずできる。

石をひっくり返した時にムシがでてくると、
なんかテンション高いし嬉しくなる
ぷてろ
不明プテロ♀

しかし、石をひっくり返す労力に比べたら
プテロが出てくる率が少ないなー。

ホソアカガネオサムシが割りと多い。
他には、ちびっこいゴミムシや、
ちょっとグロいカマドウマみたいなやつ。
ムカデ、アリ、その他色々。

昼過ぎまでやって、そこそこプテロを確保したので
トラップの作業に入る。

トラップは、プラコップ埋めてサナギ粉を入れる。
サナギ粉臭い。

そして、作業終了。
一時下山。

下山中の景色。
南あ
山の上はきもちーなー。

よしっ!
これから風呂やっ!

明け方のトラップ回収に向けて、
寝る!

今回の採集プラン

00:00職場出発。

01:30就寝。

09:00起床。

09:30移動。

10:30到着。採集開始。

14:30採集終了。トラップ仕掛け。

17:00下山。

18:00温泉。食事。

19:30就寝。

02:30起床。

04:30トラップ回収終了。

05:00移動。

07:00帰宅。

変な時間に寝たから、熟睡できず。

でもなんとか起きて暗闇の森へ。


なかなかハードだったが、
トラップに入ったムシ達をみると、眠気もぶっ飛ぶ。
トラップ
サナギ粉サイコー!
(誘き寄せにサナギ粉つかう)

今回は、複数種のプテロが採れた。
どんなのが採れたか同定が楽しみだ。

同定でき次第アップしまーす。

  1. 2012/09/04(火) 19:27:26|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プテロの同定

8月30日

不発だったコブヤハズ採集の後に、
プテロを採集した。

良さそうな沢沿いを探し
石をひっくり返す。

短時間だが、数頭のプテロを採集した。

家に持ち帰り得意のルーペ+携帯カメラで撮影。

まずは、腹端から。
ウエノ 腹端

なんか、先週見たような。

そして、ゲニタリア
ウエノ ゲニ 横
今回のゲニタリアは、テネラル(未熟個体)ではないので
しっかりしている。(先日のは、テネラル)

上からの写真
ウエノ ゲニ 縦

結果、交尾器右側片先端が、長い事から
Pterostichus (Palalianoe) uenoi STRANEO,1955
ウエノオオナガゴミムシと確定。

先日は、腹端で、今回はゲニタリアで
ちゃんと同定できた。

こんな感じでちょっとづつではあるが
わかってくると楽しい。
ウエノ
捕まえた時の写真。


他には、プテロではないがキバナガゴミムシがとれた。
キバナガ
Stomis prognathus BATES,1883

ゲニタリア
キバナガ ゲニ 横

キバナガ ゲニ 縦
このムシは、特徴的なので、見つけた瞬間わかった。

前から見たかったので、嬉しい。
ただコイツを捕まえた時に出すガスは
かなり臭い。

  1. 2012/09/01(土) 01:48:33|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

piropirohold

Author:piropirohold
昆虫採集&岩登

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カミキリ (49)
オサムシ (22)
ゴミムシ (61)
ハンミョウ (2)
ハネカクシ (1)
その他昆虫 (8)
climbing (10)
道具/機材類 (4)
祭/イベント (4)
その他 (11)
オサムシとゴミムシ (5)
ムシ&クライミング (1)
カミキリ&オサムシ (2)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR