ムシ岩日記!!

昆虫採集メインの たまに岩登日記です。

残暑

8月30日

もうすぐ秋。
なのに、毎日厳しい暑さ。
雨も降らず乾燥が続いているが、
1日休みのため、ちょっと早い気がするが
コブヤハズを採りに行ってみることに。

今回は、今年の春先に出会って、
それ以来何度か、一緒に採集しているWさんと二人だ。

まず、タニグチを採るため長野の某所へ。

ところが、現場に着いてみると、マルバタケフキがー!

少ない・・・・。

前はいっぱい生えていた気がするのだが、
あきらかに少ない。

一応枯れ葉を探しタニグチを探すも
やっぱりいない。

この場所は諦めて、そそくさと移動。




山梨の某所まで戻ってきた。

ここには、マルバタケフキがいっぱいある。

ただ、乾燥が激しい。

枯れ葉もまだ少ない。

コンディションは良くないが、とりあえず探す。


いない・・・・。
本当にいない・・・・。

ようやく1つ落ちた。
KIMG0528.jpg


んっ!?
んっ!

KIMG0527.jpg
Mesechthistatus fujisanus HAYASHI,1957

フジコブやん!

予想通り。

この一頭のみ!

マルバタケフキ
こんな感じの葉っぱにいた。

Wさんは、フジコブ、ペアで1つづつ。

全然採れないので
コブ叩きは終了。

この後は、プテロ採集。

採集したプテロは、只今同定中。
終わり次第、次のブログアップしまーす。







スポンサーサイト
  1. 2012/08/31(金) 14:55:34|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張ついでの石起こし

8月26日

名古屋で仕事の為、新潟から北陸道→上信越道→長野道→中央道を乗り継ぎ
500キロの道を走破する。

途中、中央道の恵那トンネル付近に寄り道をし、高速道路をいったん降りて、
山の中に向かう。

狙うは、プテロ。

プテロに関しては、ネットで見て調べている程度なので、
まったくのシロート。

でも、プテロの姿、形、生態が面白く
いつのまにか、ヤツのトリコになっている。

今回は、アプローチが目的地途中の高速インターから近かったため、
この場所を選んだ。

なにやら、オオズなんかも採れるそうな。

とりあえず、林道を走り標高を上げる。

標高1000メートルを過ぎた辺りに、川を挟んだ対岸に
良さそうな場所を発見!
場所
時間があまりないので急いで石をひっくり返す。

でてきたのは、
ガロアム
ガロアムシの一種。

石をひっくり返すと、たまにでてくる。



しばらくしてプテロが一種でてきた。

正直、現場での同定は無理!

毒瓶に放りこみ、後日同定する。

プテロ2つ採集して時間切れ。

名古屋に向かう。



後日。

全体

色々調べる。

まずは、ゲニタリア(交尾器)
ゲニ

そして、腹端。
腹部1

腹部2

あとは、前胸。
前胸2

これでなんとか同定できるか?

ゴミムシの写真が多数出ているホームページで、
一つ一つ画像で腹端などを確認していく。

何個か確認していくと、似た腹端のプテロが見つかった。

Pterostichus (Palalianoe) uenoi STRANEO,1955
ウエノオオナガゴミムシ

だと思う。

プテロは、同定などシロートには、なかなか難しいところがあるが、
そんな過程も面白い。

もし、間違っていたらご指摘下さい。

ちなみに写真は、携帯のカメラをルーペをつけて拡大したものです。



  1. 2012/08/29(水) 12:31:36|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プテロ

先日、石起こしをして採集した、ナガゴミムシ(通称プテロ)は、
やはりハラトゲナガゴミムシのようだ。

KIMG0424.jpg
Pterostichus(Epinialoe) spiculifer BATES,1883
ハラトゲナガゴミムシ♂

お腹の先端がちょっととんがっている。

その腹部の写真も載せたいが、そんな技術が僕にはまだない。


そのうち顕微鏡なんかも欲しい。
さすがにルーペじゃ限界。



  1. 2012/08/21(火) 22:30:39|
  2. ゴミムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家の庭

8月20日

イチヂクの樹にて。
KIMG0435.jpg
Psacothea hilaris hilaris (PASCOE,1857)
キボシカミキリ

カメラ目線でバッチリ!

もう一枚!
KIMG0440.jpg


これがその食害痕。
イチヂクの樹がボロボロ。
食害痕
今年は、いったい何匹出たのだろうか?


しかし暑いなー。

仕事してると汗の量が尋常じゃない。
ポカリ飲まないと。


  1. 2012/08/20(月) 21:11:06|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝練

8月19日

涼しい時間を狙って、家の近くのブナの立ち枯れへ行ってきた。

KIMG0430.jpg

Leptura ochraceofasciata ochraceofasciata (MOTSCHULSKY,1861)
ヨツスジハナカミキリ ♀

短い時間だったが、カミキリの確認ができてよかった。
他にナガゴミムシを一つ採集した。

プテロの詳細は、また後日。
  1. 2012/08/19(日) 22:25:02|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロカタビロオサムシ

8月10日の採集で獲ることができたオサムシ。

KIMG0350.jpg

KIMG0347.jpg

Calosoma maximowiczi MORAWITZ,1863
クロカタビロオサムシ


ブナの幹に止まっていたので撮影。

他にも、100メートル位の狭い範囲で複数採ることができた。

不思議と他の場所で目撃しなかった。
  1. 2012/08/13(月) 16:17:38|
  2. オサムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夏のブナ林 パート2

8月10日

夏のカミキリもそろそろ終盤。

今回の目標は、2週間前にKOR氏と採集にいった時に
採れなかったアルマンである。


とりあえずレッツゴー!

夜中の高速道路を安全運転でひたすら走る。
午前3時に目的地周辺に到着。

ここにいつも見ている、水銀灯がある。
この水銀灯から、車で五分の場所でライトトラップを
したことがあり、そこで、ヨコヤマヒゲナガを採った事があるので、
この水銀灯だけは、ヨコヤマヒゲナガでも落ちてないかと
念入りに探すが、採れた試しがない。
いるのは、ミヤマクワガタくらい。
KIMG0342.jpg

(この子は、あごをケガして片方ない。)

あとは、無数に舞う 蛾 。

他にろくなもんも採れないので、
さっさと寝床に移動して、就寝。


朝、寝坊した。
起きたら9時だった。
明け方の外気温が14℃だったので、お布団かぶって寝たら
爆睡しちゃった。

そんな訳であわててポイントまで移動。

やっぱりブナ林はとても気持ちがいい。

ここの林は、熊さんがでるそうな。
絶対に出会したくないので、1人カラオケで
林の中をあるいてく。
たまに手拍子を入れながら。

登山道をてくてく歩くと、ブナの下の方に
黒いものが!
クロカタビロオサムシだった。
つまむとガス発射!
ちょー臭い。
この匂いは1日手から消えなかった。

ようやく立ち枯れに到着。
下から上までなめまわすように見る。

オオクロハナ立ち枯れ
Macrolemptura thoracica CREUTZER,1799
オオクロハナカミキリ発見!

オオクロハナ交尾
交尾個体も発見。

ソリダのオスも発見!
ソリダおす
Necydalis (Necydalisca) solida BATES,1884♂
続けて巨デカのメス!
ソリダめす
Necydalis(Necydalisca) solida BATES,1884♀
これは、デカイ!
38ミリ


その後チョイチョイ移動しながら
ブナの立ち枯れや、カエデの立ち枯れをさがす。

いるのは、ソリダのオスばっかりだ。

飛来するネキに希望をもちながら
一つ一つ確認。

お昼をとっくに過ぎ、3時近くで一つオスの
ネキがネットに入った!

ネットをのぞくと、黒い腹部が見えた!
おまけに脚も黒い!

アルマンかっ!
アルマン似

んっっ!
なんか、触角が短いんですけど....。

ぎゃー。ソリダの黒化型やん。
しょんぼり。

結局アルマン採れず。

ムズいのー。

でも、やっぱりブナ林は癒される。
採れても採れなくても楽しいなー。

KIMG0394.jpg








  1. 2012/08/10(金) 20:19:26|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えいさっ!ほいさっ!

8月4日、5日。 続きを読む
  1. 2012/08/06(月) 16:34:33|
  2. 祭/イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観光地の夜

8月1日

東海地方に仕事できている。

しかし最近やたら暑い。
関東も梅雨が明けてから、気温が高く蒸し暑いが、
東海の暑さは、また違った感じで、上手く説明できないけど
とにかくあつい!

朝から晴れていたので、「ムシトリでも、して~な~」
と、思いながら、第2東名を走る。
途中、静岡あたりのSAによったら、ガンダム関連グッズが
色々売っていた。なかでも、ガンダムTシャツ自販機には、
びっくらこいた。

チョーほしいけど我慢。

現場について、早速仕事にとりつく。
エアコンがフル稼働してくれたので、
スムーズに仕事が終わり、夜、時間が空いたのである。

せっかくの東海地方なので、ある観光地の
照葉樹林帯に出掛けてみた。

前情報も特になく、ポイントさえよくわからない。
時間もあまり無いので、ちゃちゃっと採集だ。

現地について迷う。
歩いて山を登るか、
機械の力で山を登るか。

時間が無いので、機械の力をかりた。

機械の到着現場に着くと、いきなりゴキブリみたいなやつが
ひっくり返ってもがいている。

いきなり本命!!

かと、思いきや小型のしかも、だいぶ茶色い
ニセノコだった。
ニセノコ
Prious sejunctus HAYASHI,1959
ニセノコギリカミキリ
(写真より、もっと赤茶)


山の上に着くと、観光地なだけに人が
(カップル)沢山いた。

そんな人目も気にせず、歩道沿いの
スダジイをヘッドランプをつけながらひたすら見ていく。

特にウロのあるやつ。
何本目かの木で、
ウスバ
Megopis(Aegosoma) sinica sinsia (WHITE,1853)
ウスバカミキリ

キマダラミヤマカミキリ
Aeolesthes(Pseudaeolesthes) chrysothrix chyrsothrix (BATES,1873)
キマダラミヤマカミキリ

こんな、感じで色々なカミキリ達と出会えた。

本命を探し、ウロを覗くも、
カマドウマだったり、オオゴキだったり。

少ない時間だったけど、楽しめたし可能性も感じた。

本命はなかなか採れないね~。


今度は明るいうちに調べておく事が必要だな。

しかし、あつい。




  1. 2012/08/02(木) 10:22:51|
  2. カミキリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

piropirohold

Author:piropirohold
昆虫採集&岩登

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カミキリ (49)
オサムシ (22)
ゴミムシ (61)
ハンミョウ (2)
ハネカクシ (1)
その他昆虫 (8)
climbing (10)
道具/機材類 (4)
祭/イベント (4)
その他 (11)
オサムシとゴミムシ (4)
ムシ&クライミング (1)
カミキリ&オサムシ (2)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR